コンベヤ製品のパイオニア 株式会社マキテック

コンベヤ製品のパイオニア 株式会社マキテック コンベヤ製品のパイオニア 株式会社マキテック お問合せ
サイトマップ
TOP > 価格表> 価格算出(ローラ)

価格表に記載なき寸法についての計算 (グラビティ ローラコンベヤ)

1、計算上の処理 2、機長 3、カーブ
4、ローラ幅 5、ローラ間隔 6、複合計算
7、軸の仕様変更 8、ボールキャスターテーブルについて

1、計算上の処理について

  1. 計算上、端数が出た場合

  2. 1)組付完成品で、定尺の場合、5円未満切り捨て、5円以上は10円単位に繰り上げます。
    2)組付完成品で、端尺の場合は、10円未満切捨て、10円以上は100円単位に繰り上げます。
    3)単体品・単体部品は1円単位で計算します。
  3. 計算上倍数で掛ける場合

  4. 小数点第3位以上は繰り上げて、小数点第2位として計算します。

2、端尺機長(ストレートコンベヤ)

  1. 指定された長さ(L)に対して、それよりも短い標準品価格を基準として長さの比率を加算し、更に4,000円を加算します。但し、1,000Lよりも短い場合は、1,000Lを基準とし、その比率に20%アップします。

  2. 例1.R-3812P 2,300L×300W×50Pの場合
    40,300円(2000Lの価格)×1.15(2300L÷2000L)+4,000円(端尺加算)=50,345円
    例2.R-3812P 600L×200W×50Pの場合
    19,500円(1000Lの価格)×0.72(600L÷1000L×1.2)+4,000円(端尺加算)=18,040円
  3. 上記(1)の端尺計算により、1ランク上の標準寸法の金額より高くなる場合は、1ランク上の標準寸法金額とします。

  4. 例1.R-3812P 800L×200W×50Pの場合
    19,500円(1000Lの価格)×0.96(800L÷1000L×1.2)+4,000円(端尺加算)=22,720円
    この場合1000L定価より高くなりますので、1000L定価の19,500円となります。
  5. 3,000L以上のコンベヤを一体フレームにて製作する場合は、3,000Lのコンベヤを基準として、比率計算して、更に4,000円(端尺加算)を加算します。

  6. 最大機長は、お問い合わせ下さい。(3000L以上の場合別途運賃がかかります。

3、特殊カーブ(カーブコンベヤ)

  1. 指定Rの場合指定されたRに対して、それよりも小さいRを基準として計算し、更に4,000円を加算します。但し、標準Rよりも小さいRの場合は、その比率の20%アップします。

  2. 例.R-3812P 内600R×300W×100P×90°の場合
    38,700円(900R価格)×0.8(600R÷900R×1.2)+4,000円=34,960円
    ※ 最小内Rは500を目安として頂き、それ以下の場合は当社営業にご相談下さい。
  3. 角度が90°でない場合

  4. 1)30°の場合=90°の価格×0.4+4,000円
    2)15°の場合=90°の価格×0.6+4,000円
    3)60°の場合=90°の価格×0.8+4,000円
    4)120°の場合=90°の価格×1.3+4,000円

4、ローラ幅(W)が価格表にない場合
    ※ カタログにフリーサイズ製作可能と記載されている機種のみ適用です。

  1. ローラ幅が価格表にない場合1ランク上のローラ幅価格とします。
  2. 1,000W以上のローラは、1,000W基準で比率計算して下さい。
    (製作範囲はカタログ参照)

5、ローラ間隔(P)が価格表にない場合

  1. 指定された間隔(P)に対して、それよりも大きい方の間隔(P)の価格に増えた本数分の軸付単体価格を加算します。

  2. 例.(ローラ)R-3812P 3,000L×100W×125Pの場合
    26,200円(3000L×100W×150Pの価格)+3,200円(ローラ軸付単価800円×4本分)=29,400円
  3. 指定された間隔(P)が、価格表よりも大きい場合には、減った本数分の半数を引きます。

  4. 例.(ローラ)R-3812P 3,000L×100W×200Pの場合
    26,200円(3000L×100W×150Pの価格)-2,000円(ローラ軸付単価800円×5本分÷2)=24,200円

6、2~5が複合した場合の計算順序
    順序① ローラ幅(W)の計算
    順序② コンベヤの長さ(L)または、(R)の計算
    順序③ 間隔(P)の計算
    順序④ カーブ角度の計算

    例1.R-3812PD 2500L×1,100W×125Pの場合
            幅(W)は1,000W、長さ(L)は1ランク下、間隔(P)は1ランク上の
            2,000L×1,000W×150P標準価格より算出
    順序① 41,600円(2000L×1000W×150Pの価格)×1.1(1100W÷1000W)=45,760円
    順序② 45,760円(2000L×1100W×150Pの価格)×1.25(2500L÷2000L)+4,000円=61,200円
    順序③ 61,200円(2500L×1100W×150Pの価格)
           +7,359(1000Wローラ軸付単価2230円×1.1×3本分)=68,559円になります。
    例2.R-3812PD 内1000R×360W×125P×60°の場合
            幅(W)は1ランク下、カーブ(R)は900(R)、間隔(P)は1ランク上の内1000R×360W×150P×90°
            標準価格より算出。角度は90°の内900R×400W×125P×90°の標準価格より算出
    順序① 38,200円(内900R×400W×150P×90°の価格)
    順序② 38,200円(内900R×360W×150P×90°の価格)
              ×1.12(1000R÷900R)+4,000円=46,784円
    順序③ 46,784円(内1000R×360W×150P×90°の価格)
             +2,540円(ローラ軸付単価1270円×2本分)=49,324円
    順序④ 49,324円(内1000R×360W×125P×90°の価格)
              ×0.8(900Rの0.8)+4,000=43,459円となります。
   

7、ローラ軸の仕様変更

  1. Mシリーズの場合

  2. (1)軸径φ6、φ8、φ12パイプ丸・半月加工の標準仕様のコンベヤを磨き丸棒に変更の場合
    ローラ1本につき、100Wごとに単価60円を加算します。
    例.400Wの場合1本につき、240円加算
    (2)軸径φ15、φ17パイプ丸・半月加工の標準仕様のコンベヤを磨き丸棒に変更の場合
    ローラ1本につき、100Wごとに単価80円を加算します。
    例.400Wの場合1本につき、320円加算
    (3)ステンレスの場合は別途見積りとなります。
  3. Sシリーズの場合

  4. パイプを磨き丸棒に変更の場合は、別途見積りとなります。

8、ボールキャスターテーブルについて
    フリーサイズ製作可能ですが、価格については当社営業迄お問い合わせ下さい。

Copyright © 2006 Makitech Japan Corporation. All rights reserved.